うれしいこと

うれしいことが週3回ある。
なかなか、うれしいことなんて、仕事の場ではないもの。

そももそ、仕事の場というものは、うれしい楽しいと言うのを
どこかばかかられる雰囲気がある。
日本の会社組織では、そのような傾向が強いのではないか?

うれしいなんて、言ってはいけない、絶対。
歌手だったら、そんな風につぶやくのだろうか。

しかし、言わずにはいられない。
経営者といえども半分は一人の人間なんだから、どうか大目に見てください。

うまく説明できないのだが・・・
やるべきことが、やるべきときに、整然と処理されてゆく気持ちよさ。
わかるかな?
わからないだろうな。
もうわかってるしそんなこと当然と思うことほど、実行するのは難しいのだ。

最近、『トヨタ生産方式』なる本に出会い、とても感銘を受けた。

www.amazon.co.jp

いや感銘なんて言葉では表現できないほどの衝撃を受けた。
この本は、カンバン方式の生みの親である大野耐一さんが、
効率的な組織運営や人間重視経営の素晴らしさについて
わかりやすい言葉で語った、ものづくりの教科書だ。

いまの自分にとって心が痺れるようなメッセージのオンパレードで、
ラインマーカーを引かない箇所をみつけることが難しいぐらいなのだが、
なかでもいまわたしが一番気になっているメッセージはこれである。

「3ムの排除」

3ムという言葉、きいたことありますか?
3ム=ムリ・ムダ・ムラ

元来、わたし自身は芸術家タイプで、
ムリを可能にすることが何より大事で、ムダも仕事の明日の糧と思い、
ムリとムダがたたって疲れ果て、肝心の仕事はムラだけ・・・・
そんな人間が、この本を読んで効率的な仕事のやり方に目覚め始めたのである。

最近うれしいこと、それは、経理スタッフの出社日だ。
彼女は、出勤日は週3日、10-16時のパートタイムである。
しかし、担当している業務量は、結構膨大だ。
それを、限られた時間のなかで、工夫しながら処理してゆくのだ。
「定時を過ぎるとタイムカードが押せない仕様」であっても
彼女にとっては問題ではない。

www.pakutaso.com


そして、とくに感心するのは、自ら工夫して時間を捻出する一方で、
他の人の時間には人一倍気を使って動いてくれるところ。

うれしいなあ。

自分もいつかはそんな人間の仲間入りをしたいと思いつつ、
彼女の未処理箱に積まれた書類がつぎつぎと処理されてゆく様子をみているだけで
満足してしまうのだ。

(つづく)

小学生に相撲の「引き落とし」を教えた結果。

つねに「引き落とし」狙いで来るようになった。
100%、引き落としを仕掛けてくるのだ。

笑い事ではない。

2週間後には青年会議所主催のわんぱく相撲大会にでるのだ。

去年は残念ながら途中敗退したが、
今年は優勝以外は目指していない。

全取り組み「引き落とし」で優勝したらどうだろう。
前代未聞の事態として、主催側から叱られてしまうのではないか。

去年のわんぱく相撲の練習会で注意されたことがある。

①つねらない、②ひっかかない、③相手の指をつかまない(骨が折れる)の3つだ。
これだけは守ってくださいと言われている。
しかし、だ。
全取り組み「引き落とし」での優勝は
この3点以前に「あってはならない」ことのような気がする。
少なくとも昭和生まれの肌感では、そうだ。

相撲協会が定めた相撲の決まり手はぜんぶで82ある。

82もある決まり手の評価は、平等ではない。

寄り切りや押し出しは正々堂々とした決まり手として評価が高いようだ。

一方で、引き落としや肩透かしなどは「注文相撲」とも呼ばれ
プロの世界(大相撲)では決してほめられない決まり手とされている。

横綱大関などが注文相撲で勝ったときには
座布団が舞う覚悟をしなければならないだろう。

ここに一つのデータがある。
平成11年夏場所における幕内の取り組みの決まり手に関するデータだ。

一番多い決まり手は「寄り切り」で27.4%、
二番目は「押し出し」で21.5%、
三番目は注文相撲とされる決まり手の一つ「はたき込み」で8.0%がくる。

問題の「引き落とし」は八番目の3.3%だ。

よりトリッキーな印象のある「サバ折り」は0.4%だが、
比較の問題ではないだろう。
問題は、「3.3%の決まり手」だけで全勝優勝する横綱
果たして私たちは横綱と呼ぶのかどうか、だ。

ビジネスの世界でもトリッキーな駆け引きを生業とする会社がある。
私たちのネット業界にはそのような会社、サービスが少なからず存在する。

100%引き落としを狙ってくる小学生は、
おそらく野村克也監督のデータ野球ならぬ「データ相撲」の前に敗れるだろう。

3回戦まで勝ち進むのがいいところではないか。

ゲーム会社の「上場ゴール」や

大手ECサイトの「公認二重価格」、レ点ビジネスなど枚挙にいとまがない。

ネット業界にも「横綱審議委員会」があったらなと、たまにだが思うことがある。

ビジネス数字のことならNumzon

超高速PDCAサイクルは是か非か。

※きょうから会社ブログをはじめます。

今週末も子供を連れて釣りに出かけた。
子供のPDCAサイクルはおそろしいほど高速だ。
竿を振り出して”5秒”もアタリがなければ餌を変えたり棚を撮り直したり移動したり、とにかく忙しそうだ。

では、大人の釣りはどうか。
きょうはピクリともしねえなぁなんていいつつぼんやりしているだけで動こうともしない。
こと釣りに関しては子供のPDCAサイクルは”5秒”、大人は”5分”ぐらいといったところか。

その差は”60倍”だ。

翻ってわたしたちのビジネスではどうか。
子供の会社と大人の会社、釣果ではどちらがすぐれているのだろう。

子供は超高速PDCAが災いしてかあえなく坊主となった。

きょうはたまたま大人の勝ちだったが、守株ではないと誰が言い切れるだろう。

あすがほんとうに楽しみだ。

ビジネス数字のことならNumzonへ